| 一般社団法人高萩青年会議所 | 理事長メッセージ |

理事長メッセージ

夢と希望のかたち
~50年後の未来をみつめて~

大きな夢を描き、光り輝く希望を抱いて、自らの人生を歩んでいこう。
【はじめに】
1969年。日本は高度経済成長の歩みの中、東京オリンピックを経て世界に存在を示し、 世界有数の代表国の一員となった。この高萩市においては、明治時代より炭鉱の町として繁 栄を遂げ一時代を築いてきたが、1960年代のエネルギー革命を境に、石炭産業の衰退と 共に、変革を余儀なくされる厳しい時代にあった。このような時代の中、志を共にした青年 が手を取り合い、迸る情熱と崇高な理念の下、この高萩の町に青年会議所が誕生した。 時は過ぎ、生誕から半世紀を迎え、時代の変化を受け入れながらも、長い歴史を歩み続け てきた昨今、私たち高萩の青年経済人は社会から何を求められているのか。今、その正確な 答えを導かなければ、組織の存在に終止符を打たなければならない日が来るであろう。 しかしながら、いつの時代も人は過去の歴史を読み解き、現在をしっかりと捉え、その先の 未来を築いて生きてきた。なぜならば、そこに時代を切り開くヒントが隠されていたからで ある。 まずは先達が築いてこられた、この50年の歩みを今一度振り返り、現代において社会か ら求められる青年会議所の存在を再考し、未来を切り開く変革家として社会への貢献を果 たすべきである。

【創立50周年を迎えて】
50周年を迎えるにあたり、まずは感謝の心を持とう。併せて、創始より半世紀もの間、 この時代に至るまで、襷を届けて頂いた先輩方への最大限の御礼と尊敬の念を抱こう。そし て志を同じうする各地会員会議所のメンバーに人と人との繋がりを通した、地域のホスピ タリティを発信しよう。また、地域発展への想いを共にする関係諸団体と共存共栄の絆を深 めよう。最後に、温かい眼差しで私たちを支えてくれた、この町高萩市に恩返しをしよう。 今、ここに高萩青年会議所があるのは、この組織に携わる多くの人がいたからである。5 0年を契機に、これらのすべての想いを集結し、かたちとして発信する必要がある。「高萩 に。青年会議所の運動にまた来たい。」そう思われる存在になろう。事業の良否はこの相手 を重んじる心からはじまり、それが成果として表れるのである。 そして、私たち現代に生きる人間には、未だ見ぬ未来の人財へ歴史や伝統を総称する「和 の襷」を繋いでいく使命がある。途絶える事のない「和の襷」の継承こそが、これから先の 50年後の未来のかたちを創っていくのであろう。

【大きな夢を描こう】
「将来の夢は何ですか。」幼少期によく問われ、誰もが一度は考察し、答えた質問であろ う。しかしながら大人になり、この質問を耳にする事は少なくなった。では、なぜこの質問 が年を重ねる度に、遠ざかるのか。それは諦めや思い込みが先行する、負の思想が原因であ ろう。「そんな夢は叶わない。」「この年齢からでは無理だ。」そんな言葉が発せられ、やがて 夢を語る事がタブーとされてきた。しかし、夢や目標を失った人間は成長と進化から遠ざか っていくであろう。いつの時代も、周りの目を気にせず、自己の夢をひたすら追いかけ、走 り抜く人間こそが、時代を変えてきたのである。 また、「将来」という言葉について考えてみたい。将来とは将(まさ)に来(きた)らんとす る時の意を意味し、正に年齢に関係なく現在から始まる未来の事である。いつ、どの時点に おいても、夢を描くことは人間の権利であり、自由である。人の夢や可能性を揶揄するのは やめよう。 私たち青年会議所は率先して大きな夢を掲げ、未来を創造すると共に、この輪を社会に拡 げる義務がある。性別も世代も関係なく、胸を張って自らの夢を堂々と語る。そんな魅力的 な人財が溢れた時、必ずやこの町は豊かな社会へと変貌を遂げているに違いない。

【希望に満ちた人財とは】
IT産業の発展に端を発し、次世代の産業革命としてビッグデータやAIと最新のバイ オテクノロジーの融合による「第5次産業革命」の時代が目前に迫っている。 そして、人との繋がりに視点を置くと、SNS等の発展に伴い、交流の手法は様々な変貌を 遂げている。日本国においては、人口減少を余儀なくされるこれからの未来において、機械 化や合理化は必然の選択肢であり、そのムーブメントを活用するのは当然の事である。 しかしながら、私はこのような時代の中においても、やはり、心を持った人と人とのリア ルな想いが重要であると考える。私の考える希望に満ちた人財とは、人との出会いに感謝の 心を持ち、常に前向きな姿勢で自己を研鑽し、崇高な理念を武器に行動を起こす、未来を見 つめるリーダーである。 まずは、私たち自身がそんな格好いい人間になろう。そして、そんな人たちを地域に育ん でいこう。私たちが運動を通じて、大きく成長を遂げた時、必ずやこの青年会議所の門を叩 く希望に満ち溢れた人財が訪れるであろう。

【結びに】
青年会議所は混沌という未知の可能性を切り開き、個人の自立性と社会の公共性が生き 生きと協和する確かな時代を築くために行動している。 いつの時代においても未だ見ぬ未来を人は混沌と呼ぶのではなかろうか。そしてこの混 沌に答えを見出すために、変化や変革が必要なのである。時にはイノベーターとなる事に不 安を感じる事もあるでしょう。しかしながら、私たち高萩青年会議所には50年の歴史があ る。時代の変化に対応するためには、温故知新の精神を持ちながら、道を切り開く勇気を携 える必要がある。 そして、個人の自立性と社会の公共性は常に表裏一体を成しており、このバランスを保つ ことが重要である。個の利益のみに寄るのではなく、これらと共に、社会の充足を考える事 が物事の本質であり、両者が発展を遂げなければ、真の豊かさは訪れない。 私たち青年経済人が社会から求められるものはこの両輪の舵取りを担う、夢と希望を併 せ持った人財ではなかろうか。まずは私たちが先駆者として、夢と希望を掲げよう。 そしてそれを地域に育み、50年後の未来をしっかりと見つめよう。 個人の自立性と社会の公共性が生き生きと協和する確かな時代を築くために。
「大きな夢と光り輝く希望を持ったク-ル高萩 いざ出陣。」



↑ PAGE TOP