| 一般社団法人高萩青年会議所 | 理事長メッセージ |

理事長メッセージ

奇跡への挑戦
~ Full Steam Ahead !! ~

【はじめに】
 1969年の設立より半世紀を経て、名実ともに偉大な組織として認知されている我が一般社団法人高萩青年会議所の第51代理事長の職を、謹んで務めさせて頂きます。これまで先輩諸兄姉の皆様が脈々と築き上げて来られた伝統と気概を胸に、新たな半世紀への第一歩を力強く踏み出して参ります。 青年会議所はいつの時代も会議を活動の中心に据えて参りました。会議をすることにより事業を構築し、議案書を精査し、審議を行って参りました。会議のために集まり、議論を交わし、切磋琢磨しながら友情を深めて参りました。青年会議所に集まる者たちは、会議を通して社会を見据え、会議を通して自己の修練を図ってきたのです。2019年度、一般社団法人高萩青年会議所は青年会議所の根幹である会議を重んじながら、数多くの奇跡の瞬間を実現して参ります。

【街づくりについて】
 一般社団法人高萩青年会議所は、高萩市のまちづくりに責任を持っています。高萩市には、市民の減少、出生率の低下、経済力の減少、未利用地の増加など、解決困難な課題が多く存在しています。そして我々JAYCEEは、これらの問題に真正面から取り組んでいかなければなりません。まちづくりに対する思いを発信し、地域の諸団体と協力し、青少年を育成し、市民が元気になる事業を展開していかなければなりません。高萩市全体の経済力の劣化を防ぎ、力強い経済を実現していかなければなりません。そして個々の事業を精緻で効果的なものに仕上げていくと共に、常に新しい事業を開発していく必要があります。まちは変わり続けていくものであり、まちの変化に合わせて青年会議所の事業も進化し続けていきます。道路や歩道を広くし、最新設備を備えた建物を建築し、高萩駅を中心にビジネス街を構え、広くて住みやすい住環境を整備していく必要があります。一人でも多くの青年によるまちづくりへの取組みが山積する問題解決への近道となります。会員拡大運動を通して、気概と覚悟をもって共に行動する仲間をひとりでも多く増やしていくと共に、理想的なまちづくりを目指して事業を構築していかなければなりません。

【人づくりについて】
 まちづくりに取り組むひとづくりについても、常に力を入れていかなければなりません。青年会議所は人生最後の学び舎と言われ、青年会議所で活動すること自体がメンバーの知見を広め、多くのメンバーとの協働によって個人が磨かれ、会費や活動費用を捻出する力を開発し、数多くの体験を得られる場となります。いかなる場面でも指導力を発揮すると共に、スピード感、論理的思考力、ストレス耐性、達成意欲、集団を率いる力、大勢の人たちとの関係構築能力など、個人の能力開発は必ず必要です。効率化が叫ばれる昨今においては、相応の負荷がかかる青年会議所運動は同世代から敬遠されがちな面もありますが、青年会議所での体験は青年会議所でしか得られない貴重な体験でもあります。世の中に存在するありとあらゆる事象に精通し、社会のリーダーとなれる人材を開発するトレーニングが必要です。青年会議所におけるひとづくりは、会議と事業を通したトレーニングです。ひとつひとつの事業に丁寧に取り組むことが、リーダーシップを体得する機会となります。

【仲間づくりについて】
 青年会議所の活動は、決して一人でできるものではありません。LOMに仲間がおり、会話や議論、協力を通して事業を実施し、組織の一体感を高めていきます。ひとりではできないことも仲間とならできます。仲間とできることはいずれひとりでもできるようになります。ひとりでも多くの青年を仲間として迎え入れ、よりよいまちづくり、よりよいひとづくりに取り組んでいきます。活動に必要なスキルは、時間管理とコスト管理です。時間とお金は家庭でも、仕事でも、JCでも大切なものであり、人生全般においてこのふたつのマネジメント力の高さが必要になります。また、仲間を増やすためには直接人と話をしなければなりません。人と人が話し、その意思を伝えていくことこそが、会員拡大運動であり人とのコミュニケーションになります。人のエネルギーが溢れる組織はとても魅力的であり、魅力的な組織にはたくさんの人が集まってきます。まちづくりとひとづくりを通して魅力的な事業を実施することで、数多くの仲間を増やしていきます。

【終わりに】
 青年会議所には、人を惹きつける何かがあり、人を熱中させる何かがあります。青年会議所でしか出会えない人たちがおり、青年会議所にしかできない会議があります。半世紀以上続く組織には半世紀以上続いてきた貴重な価値があり、存続してきたこと自体が世の中が必要としている証拠でもあります。人生は貴重なものであり、その中でも青年である時期はさらに貴重なものです。その貴重な時期を一秒たりとも無駄に過ごすことなく、充実した時間をともに過ごしていきたいと考えています。 そして人生には奇跡の瞬間が訪れます。奇跡は起きるものであり、奇跡は起こすものです。我々の英知を結集し、限りない勇気と情熱を持って、この一般社団法人高萩青年会議所に数多くの奇跡を起こしていこうではありませんか。一年間という限られた時間の中で、様々な奇跡に挑戦して参りましょう。青年会議所の持つ力に思う存分身を委ねて、素晴らしい仲間たちと共に、新たな半世紀への栄えある第一歩として、明るい豊かな社会の実現の為に一年間精進して参ります。



↑ PAGE TOP